昨日は、日進市内の中学校は卒業式でした。
私はいつものように地元と言うことで日進西中学校の卒業式へ参列させていただきました。
この間まで暖かかったのに、例年のように寒い体育館での卒業式となりましたが、
校長先生の心のこもった式辞を聞いていたらと気持ちがポカポカしてきて、
本当にいい卒業式でした。卒業生の皆さん、保護者の皆さんおめでとうございます。

ところでタイトルの件ですが、今朝C新聞に、
ものの本に「きちんと」「しっかりと」を多用する人間は信用できないとありました。
私の場合、なにげに使っているので思わず「ふ~む・・・」でした。
おそらくこのブログでも結構使っていると思います。特に政治ネタの場合には・・。
言い訳でなく反論したいですが、私は小さい頃から箸の持ち方、話し方、挨拶などなど、
親や回りの大人から細かく言われ育ったせいか自分も口うるさいタイプだと思います。
少年野球のコーチをしても特に基本を重視するので反復練習する中で、
それこそ「きっちり」「しっかり」を多用したと思います。
それが絶対大切だと信じ、何度も念じるように教えているからです。
新聞は特に政治家が信用ならないように書かれていた気がしますが、
それはそうかもしれません。何故なら有権者全員を満足させることなどできないから・・。
いつも書きますが、物事には「裏」と「表」があって、
人それぞれの様々な考え方があるわけですので、誰もが納得できることは難しい。
しっかり発信するとその言葉が残って嘘つきにも聞こえる。
「しっかり」きちんと」をあまり使わない方はおそらく物事をはっきりいわないので、
どんな場面にもあわせられるのだろうと想像されます。
と、つい評論家めいたことを書きましたが、
いずれにしても私は私で、自分のスタンスを守って行動したいと思います。
2010.03.09 / Top↑
Secret