昨日は、竹の山新設校建設委員会を傍聴しました。
年末にあった前回の委員会を聞き逃してしまいましたので、
公開ワークショップに参加していなかったら内容が理解できないところでしたが、
小中学校の先生方の作業部会の要望を受けての新たな案の提示や、
またその案に対する先生方の意見の説明についても何とか分るレベルで傍聴できました。

印象としてずいぶん形が見えてきたと思えますが、
学校内のレイアウトなどは、とにかく学校現場の先生方の意見と設計のすり合わせが必要で、
まずは部活動なども含めた基本となる学校経営ができること、
新たに学校に求められる機能、例えば要支援児童生徒施設、地域開放、放課後クラブなど、
きちんと整理して使い勝手を関係者で検討するようにしないといけないと感じましたし、
疑問を解決できるような議論は必要でしょうが、あまりあれもこれもと目配りせずに、
子どもたちのことを優先に、シンプルに考えを進めたほうがいいと個人的には思いました。
2010.02.23 / Top↑
Secret