昨日、今日(10/11~12)静岡で全国都市問題会議があり、
当市からは市長、議長、副議長、私ども新政クラブと平成クラブの議員が参加しました。
今回のテーマは、今年の4月に施行された地方分権改革推進法を受けて、
「分権時代の都市とひと-地域力・市民力-」でした。
全国の市長、市職員、議員2800名が集まったこの会議の初日は、
奈良県立万葉文化館館長 中西進氏の基調講演から始まり、
静岡市長、NHKアナウンサー堀尾氏、大分市長、静岡大学教授の一般報告がされ、
9時半から午後5時までみっちりと地方自治に関する話を聞けました。
今日は午前中「地域力・市民力を支える多様な人間像」と題して、
パネルディスカッションが行われ、これまたいろいろな意見を聞く事が出来ました。

報告や討論の話の中でキーワードは「市民参加」「協働」でしたが、
同じ言葉でも考え方はいろいろで、この重要な内容については、
簡単に答えが出るものではありませんので、
市民の皆さんのためにも、今後私たちも大いに議論を重ねて、
しっかりとした方向へ持っていけるよう頑張らなくてはなりません。
取り急ぎ、今回の研修の内容を私なりにまとめてみることにします。
また、このブログでも、折に触れこの話題を取り上げたいと思います。
2007.10.12 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nissinforever.blog90.fc2.com/tb.php/94-1a642e8c