今日は、午後から日進市市民会館大ホールで開かれた「あいち防災セミナー」に参加。
あいち防災セミナー-4
最初に主催者として県担当者、萩野市長(上記写真)から挨拶があり、
富士常葉大学環境防災学部準教授 小村隆史氏による、
「大地震があなたを襲うとき」と題した基調講演がありました。
本人が仰るとおり、これまで地震防災の話しと視点が違っており、
これまでの被災から考えて住居倒壊による死亡比率(数も)多いことから、
まずは倒壊しない建物に住むということが一番なので、
自分が住んでいる場所が地震に強いかどうか、
そして建物の耐震はどうかが命を救うポイントで、
生き延びればその後は何とでもなる、という話しは新鮮でした。
基調講演の後、講師の小村氏を加えてのフォーラム。
あいち防災セミナー-2
パネリストとして日進市総務部総務課防災室の中川室長、日進市消防団の中條団長、
日進市自主防災協議会(香久山地区自主防災会長)の市川会長が実践報告をしました。
私としては、かなりの活動を知っていたつもりでしたが、
それ以上にそれぞれの活動を頑張っておられる事を知り、
それこそ多くの事例を知っているコーディネーターも小村氏も驚く内容もあり、
日進市の防災についての活動が進んでいることが理解できました。
これまでの皆さんの素晴らしい多くの活動に感謝です。
今後もますます有事に備えてしっかりと活動が充実すること、
なにより肝心な「家屋倒壊防止」のために耐震診断、耐震化、
そして次なる災害防止のために家具の転倒防止などの行政サービスを当事者が受けるよう、
当局も今日来場された方々もアピールできるといいと思います。

フォーファムのあと来場者対象に前10問のお楽しみ防災クイズがありましたが、
あいち防災セミナー-3
私は6問目の日進市の老齢化率を間違え終了、その他津波の速度を間違えましたが、
日進市のデータを間違えるとは、ちょっと恥ずかしかったです。
長時間に渡るセミナーでしたが、とても楽しく有意義でした。
2010.01.23 / Top↑
Secret