昨日は、午前中会派でした。
先日あった会派代表者会議を受けての会議ということで、
今朝の新聞にも載りました特別職、議員の報酬減額の答申が出された話しや、
これまた県が出資を決めたとするリニモ(愛知高速交通)に関する話しが出たほか、
2月早々にある議会運営委員会で議論されることになる議会基本条例について、
各会派から条項ごとに案が出されたのを受け話し合いをしました。
その他、雑談でもいろいろ情報交換があり、国会での「派閥の解消」ということもありますが、
公式な場でないからこそ出るいろいろな話しに市民生活の問題が見えることも多いので、
変に勢力争いということではなく、これからも会派の有効性を活用できればと思います。

さて、案内が遅くなりましたが、来週26日には総務文教常任委員会が開催予定です。
竹の山小中校新設について興味をお持ちの多くの市民が傍聴に来てくださると思います。
ところで、この開催は今月6日に議会事務局から議員全員に書面で案内があり、
私は先の議会の委員会で陳情審査をする過程でこうしたことになったと理解しましたが、
1週間以上経った最近この委員会に対する疑義がでているようです。
「閉会中の委員会開催は継続審査という議会の決定が必要」ということのようで、
つまり法的な根拠がないということのようですが、
竹の山小中学校建設の進捗状況を議会として、
チェックすることを否定しているかのようにも聞こえます。
「特別委員会設置」という陳情の内容と形が違いますが、
今回の委員会は署名をされた方々の期待に対して応えようとするものですので、
その進捗状況がしっかり確認、審議されることを期待したいです。
2010.01.23 / Top↑
Secret