昨日土曜日は、告別式へ行ってからタイトルの香久山かすい「ふれあいふるさと祭り」でした。
パパさんクラブのお手伝いとして日進市西中学校吹奏楽部の楽器を運ぶ予定で、
軽トラックを実家から借りてきましたが、告別式のために結果的に間に合わず、
返却の手伝いのみとなってしまいました。
数年前と比べると部員が多いせいか、楽器の数も多くなっているような感じで、
来年以降も軽トラックよりも今回のような大型トラックでないといけないかもしれません。
ずいぶん盛大になってきた、この香久山かすい「ふれあいふるさと祭り」ですが、
まずは、香久山小学校金金管バンド、日進西中吹奏楽部がオープニングを飾りました。
ふれあいまつり(1).
ここ数年、こうした合同演奏となっていますが、小学生の子達にとってはとても刺激になって、
レベルもあがっているのではと思います。
その後、体育館では香久山かすい委員による各種ゲーム。
ふれあいまつり(4).

ふれあいまつり (3).
この他、香久山女性の会、自主防災会、岩崎台熟年の会さんによる催しも人気でしたし、
ふれあいまつり (2).
水晶山市民の会さんによる「餅つき」のほか、
ふれあいまつり(5).
今年は香久山老人クラブの皆さんによる「豚汁」も振る舞われましたし、
ふれあいまつり(6).
雨にもかかわらず沢山の親子が来てくださり、とても楽しい時間だったと思います。
企画、準備から当日の運営まで関係者の皆さん、本当にお疲れ様でした。

かすいのお祭りに続き、ベタニヤチャペルで開催された「ピアノとチェロのクリスマスコンサート」、
ベタニヤチェロコンサー
奥様のピアノ伴奏にあわせて東京交響楽団主席チェリストのベアンテ・ボーマン氏の演奏、
チェロの心地よい音色はお腹の底から響くようで、うっとりと聴かせていただき感動ものでした。
身近でこんな一流の素晴らしい音楽を聴けるなんて、ベタニヤのマーク先生に感謝です。
再来週15日はJAZZコンサートということですので、こちらも楽しみです。

2009.12.06 / Top↑
Secret