昨日、9月定例議会が閉会しました。
決算総会という位置づけの今回の議会で上程された議案は、
すべて可決となり、世に言う「シャンシャン」だったと思います。

私としては今回2回目の議会ということで、前回ほど気張らずに挑みましたが、
議会としていわゆるねじれのないものだったことや、
もちろん新任の市長に対する遠慮もややあり、
それ以上に、いわば前市長の決算についてであることで、静かに終わった感じでした。
それにしても、これは議会が始まる前から思うところでしたが、
私たちにとって、同じ立ち位置の市長と対するということで、
これまでも違って、より責任(もちろんこれまでもあったわけですが)もついて回るわけで、
私たちの立場が、単に追求すればいいというものでなく、
まさしく攻めるよりも守るほうが難しくなった部分であったと思います。

しかし、逆に終わってみて感じるのは、
同じ保守とはいえ、私たちの仕事はあくまで行政執行のチェックであり、
方向性は同じでも、無駄を廃し、効率の良い行政を目指すという意味では、
市民の皆さんからお預かりする税金が公平、公正に使われるように、
厳しく見ていかなければならない、いわゆる行財政改革は、
それこそ地方でも当然必要なことで、これまで以上に鋭いメスを入れていくのが、
私たち市長と同じ立場の議員としての責務だと思うので、
これまで長年慣習で行ってきたことや外郭団体との関わりなども、
果たしてよいのかどうかしっかりと検証し、変に妥協せずに働いていきたいと思います。

ところで、ここへきていろいろな方から「ブログ見てますよ」と言われ、
ついその方々の顔を思い浮かべて書いてしまいそうになるのですが、
ブログというのはいわゆる日記のようなもので、自己を見つめ考えをまとめる、
また反省するという意味合いがあると思っていますので、
相変わらず、お構いなしに書かせていただきます。
時には気に入らないこともあろうかと思いますが、それはそれ。
そうしたときは、反論の投稿をお待ちしていますのでよろしくお願いいたします。


2007.09.28 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nissinforever.blog90.fc2.com/tb.php/85-25d18793