寝る前にふとテレビをつけたら、ちょうど新政権の閣僚会見をやっていました。
鳩山首相の会見は録画も含めて見そびれてしまいましたので、
少しだけと思いつつ、結局官房長官以下17名の閣僚の会見を最後まで全部見てしまいました。
よい子の寝る時間はとっくに過ぎて深夜2時ですが、
せっかくなので、書き込もうとPCを立ち上げた次第です。

会見を見て、率直な感想は、かなりの方々が自分の言葉で話されていて、
それなりに、特に数人の方はその分野で真剣に取り組む意向であることが分りました。
「現実を把握してから・・」という言葉も多く聞かれ、
選挙中も指摘されたように分野によってはやはり方針が見えないところもありました。
その中で、先日の本市の建設経済委員会で議論があったような、
地方自治体単独では解決できそうにない行政上の慣習のようなことについて、
なくすとどの程度メリットあるか、逆に影響がでるかはさておいても、
それに関連する国における古くからある制度の見直しなどもするのだろうなあと感じました。
昔ながらで良いこともたくさんありますが、これを当り前として見直せないことも多く、
まずは一度頭を柔らかくして整理、あるいは研究するのは大切なことだと私も思います。

とにかく、最終的には市民のため、国民のためになることが必要ですので、
まずは混乱のないように、そして景気回復、経済活性化が後退することなく、
タイムリーに、外交も含めてしっかり政治を進めていただけることを期待したいです。
2009.09.17 / Top↑
Secret