今日も昼過ぎまで岩崎台区をくまなく歩き、
「自由民主 鈴木じゅんじ特集号 日進バージョン」のポスティングを完了しました。
予定よりも早く終われたので、その足で「南が丘」へ向かい、
体が持つ限りと頑張ったところ、1丁目と2丁目の配布を済ませられました。
朝から通算で7時間近く歩きっぱなしでしたが、
マメな水分補給(朝から500mlのペットボトル5本飲みました)と、慣れもあり元気でした。
南が丘という地元以外の地域を歩くのは久しぶりですが、
いずれにしてもこの暑い夏回るのは初めてですので、新しい発見ばかり、
2丁目の一番北は折戸高松と隣接していて、高松池のお陰もあるのか、
普通の団地とはひと味違い、さわやかな風が吹いて本当に気持ちがよかったです。
このように自然に囲まれた住宅地の良い例を参考に街作りを、街の将来を考えたい、
また南が丘は一区画の土地面積が広く、この広さを2世帯住宅向けなどで活かせれば、
と思っていましたが、今日、回ってみて新しい2世帯住宅が既にいくつも見られ、
これが広がってくれると団地ごと歳を取ると言うことがなくなるので、
ぜひモデル地区としてとらえ、こうした住宅がさらに増えるよう、
2(多)世帯住宅に対する税制優遇などがなされるといいのに、と真剣に思いました。
現地現物と良くいわれますが、自分の足で歩くと本当にいろいろ気づくことが多く、
こうした事がいかに大切か思い知ります。今日も良かった、得をした!

ちなみに、岩崎台はまだまだ空き地も多く、
岩崎台 野生ユリ群
ご覧のように草の茂った中に野生のユリが生息しているところや、
岩崎台栗の木
生産緑地?でしょうか、草木が生い茂る空き地には「栗の木」に毬栗を見つけました。
歩くといろいろなことがわかり、また運動不足も解消でき、
選挙様々といったところかも知れません。   なあんてね・・・、単なる強がり??
2009.08.15 / Top↑
Secret