今日も早朝から岩崎台地区へ自由民主のポスティング。
曇り空でさほど暑くもなく、ずいぶん効率の良い回り方ができるようになったとはいえ、
4時間も歩き回るとヘトヘトです。一旦帰って、休んでからまた出掛けるつもりで、
テレビをつけたらちょうどNHKで「全国戦没者追悼式」をやっていました。
とても厳かな式典で正午のサイレンと同時に私も黙祷をし、
この平和の礎となった先人に感謝と敬意をあらためて表せた気がします。
何があっても本当に戦争はいけません。
但し外交は人ごとではないので、成り行き任せでなく、
日本としての主義主張はしっかりと言う姿勢が必要です。
また、こうした式典で「日の丸」が掲げられなくなるなどということは考えられないところで、
今度の総選挙の重要性は考えれば考えるほど増してきて、
有権者のしっかりとした思慮が求められると思います。
あれあれ、今は何を書いてもそこへいってしまい、困ったものですね・・・。

夕方、気温が下がったところで再びポスティングに出るつもりでしたが、
花火の音で今晩は「浅田納涼祭り」だったことを思い出し、会場となる神社へお伺いしました。
浅田盆踊り-1
地元の鳴子の皆さんが日頃の練習の成果を発表。
浅田盆踊り-2
また、お囃子の奉納?もあり、本当に昔ながらの納涼祭りです。
メインイベントの盆踊りの写真を撮り損ねましたが、
今年は私も盆踊りに備えて習ったつもりだったので輪に入り踊らせて頂きました。
でも、まだまだぎこちなく、萩野市長のようにはいかず、年季の差を感じました。
浅田盆踊り-花火

浅田盆踊り-手筒花火
最後の花火は、結構な規模で多くの皆さんを楽しませてくれました。
花火というのは不思議なもので、その場にいる人たちが一体となっている気がして、
浅田の納涼花火の場合、地域の方々が一つになるために続けられているのだと感じます。
そうしたことから、日進市の花火復活すれば、日進市民が一体感を味わえるということで、
多くの市民が要望し、議会でも何度とも取り上げられていますので、
道路問題を含めた場所、あるいは準備、片づけなどの問題を早く整理して、
何とか早期の復活を期待したいと思います。
最後にこの納涼祭りの関係者の皆様には地域にためにお疲れ様です。
また、とてもお世話になり、有り難うございました。今日はゆっくりお休みください。
2009.08.15 / Top↑
Secret