今朝は、米野木交差点にて早朝街宣活動でした。
米野木街宣活動
久しぶりの晴天、雲一つ無いなかでの活動で、まさしく爽快な気分での活動となりました。
そこでも訴えましたが、今日の新聞で民間団体が自民党のこの4年間の評価を、
40点としたことについて、首相交代やいろいろんな失言、スキャンダル以外のこうした評価は、
政策がいかにできたかということで、本当に真摯に受けとめ反省しなければならないと思います。
しかし、最近流行となっているこの「マニフェスト」これまでの漠然とした公約と違って、
数字や時期を明記して約束するという意味では有権者にとってとても分りやすく、
投票の際の指標になりますが、4年の任期ではとてもできない施策もあるわけで、
国に限りませんが、そんな短期的な発想の繰り返しで政治が行えるものかどうか。
私は違うと思います。もちろん任期中にしっかり進めるべき直近の政策も必要ですが、
やはりもっと先のビジョンも示しながらの公約でないといけません。
目の前の木ばかり見ていると森の中で迷ってしまうことになります。
そうした意味では、中期、長期の方向性を示す公約も当然ありで、
その点、これまで政権を担ってきた自民党は自然とそうした公約が出るわけですが、
片や民主党はいかがか?今時点、国民にうけるバラマキ的な公約の羅列で、
この日本をどういった方向にもっていくのか見えてこない気がします。
また、何より外交、安全保障問題について、国政レベルの選挙公約で、
その考えがはっきり見られないなどということはありえない。
誰が外交を進めるのでしょうか?野党ですか?官僚ですか?
やはり責任もって進める自民党と違いが大きくあると言わざるを得ません。
今後もしっかりこうした点を注視していきたいものです。

ところで、このところ、自民党のテレビCMを見るようになりました。
正直な感想で、テレビと言う媒体で簡単に訴えるのは言い訳じみていて少々悲しい。
私は自民党の一員として、今後も地道に街頭活動での訴えを続けていきたいと思います。

2009.08.03 / Top↑
Secret