今日は、朝から広報特別委員会のメンバー7名(一人欠席)で、
名古屋で開催された愛知県町村議会広報研修会に参加しました。
広報研修会
講師は昨年同様、広報コンサルタントの深沢徹氏でしたが、
ご自身も議員経験があり、且つまた本業が印刷業ということでもあり、
単に印刷物としての考え方のみならず、議会についてもなかなかしっかりとした考えがおありで、
広報に求められるものとして「ありのままで」「わかりやすく」「住民(市民)とともに」という観点で、
さまざまな角度から講義をしていただきました。
広報研修会-2
近藤ひろき委員長は3度目ということですが、
私は初めて講義を受けたので、ずいぶん「なるほど」と頷かされました。
日進市の議会だよりは事務局の手をほとんど借りず、議員の手作りですので、
今回(8月1日号)のようにメンバーが変わったときは「??」ということもあるかと思いますが、
取り決めでは2年任期のようですので、副委員長として残任期を委員長とともに、
市民に親しまれる、より良い議会だよりを目指して、しっかりやっていこうと思います。
ただ、そうなると「議会だより作り」もさることながら、
根本的に議会の考え方について初心に帰る必要があると感じ、
当局との緊張感のある関係、また議員間の議論があらためて大切だと思いましたので、
明日の臨時会、それこそ新人の気持ちで挑んでみたいと思います。
2009.07.28 / Top↑
Secret