先週の東京都議選翌日に予告された解散が、今日予定通りとなりました。
自民党内のバタバタ劇も国会両院議員懇談会で一応の決着をみていよいよ選挙となります。
懇談会の模様をニュースで見ましたが、当初非公開としていたことをテレビ報道でみると、
ある意味出来レースではないかとか、いろいろ裏があるように取られがちで、
そんなことならもう少し早くからすっきりできるようにならないものかと、
個人的には思ってしまいますが、解散がこうして現実となると、
代議士先生方も結局党が結束しないといけない!というところだと思いますし、
NHKの報道を見てもインタビューを受けた方は「党名だけでの選択はしない」とか、
「しっかり考えを聞く」といったように意外と冷静な受け答えをしている気がします。
となれば、自民党としては”本当に責任あるマニフェスト”をしっかり提示したいものです。
相手方の批判をしようとは思いませんが、いくつか気になるので書きますと、
一見とても有り難い「子ども手当」とあまり注目されない所得税控除廃止の関係はどんなか?
「高速道路料金無料」などは維持管理を考えると当然ずっとメンテナンス費用もかかりますし、
高速を利用しない高齢者もその費用を負担するのか?等々、
ある意味マスコミにクローズアップされるいくつかのことを取り上げて、
違った角度からもよくよく検証してみると、現実にはいかがなものか、
と思われることが多いことに気づきますし、他の柱となる内容についても、
これまでも与党が目指したことを少し表現を変えた?と私には思えてしまいます。
これ以上は書かずとも・・ということで、
前回の衆議院選挙言われた劇場型の簡単なキャッチコピー、
あるいは雰囲気、勢いで投票という選挙でなく、
とにかくたくさんの政党のマニフェストをしっかり読んで、
有権者一人一人がこれからじっくりと考えて投票して頂けることを期待したいです。

市会議員でも出身地区のことでなくもっと市全体を考えるべきだ、
というご意見をよくいただきますが、反面、まずは地域のことをという声が多いのも事実で、
今日の解散にあたりインタビューを受けていた名古屋の女性が、
「地元のことをしっかり国へ訴えてくれる人を選びたい」といった一言が頭に残りました。
いずれにしても開戦の火ぶたは切って落とされました。
8月30日の投票日まで、私も自分の信念に従って、
しっかり地元の鈴木じゅんじ代議士を応援したいと思います。
2009.07.21 / Top↑
Secret