今日も朝から先週の引き続き、モリコロパーク野球場において少年野球大会、
決勝、3位決定戦が2グランドで同時に行われました。
3位決定戦はお互い譲らず0-0で抽選、
決勝はお互いの持ち味が出せた試合で点の取り合いとなりました。
結果は、尾張旭市の城山少年野球クラブが優勝、
モリコロ決勝-2
準優勝 瀬戸の水野少年野球クラブ、
3位東郷の御岳シャークス、4位三好のあざみクラブAでした。
モリコロ決勝-1
24チームがそれぞれ思う存分戦ったこのモリコロ大会、
「愛・地球博」の理念が引き継がれているこのグランドで、
本当に気持ちよく試合が出来たこととでしょう。
来年は11月下旬で予定を組んでいますが、野球少年にとって楽しみな、
末永く、ずっと続く大会になるよう私も微力ながら協力したいと思います。

モリコロパークを後にして、市民会館で今日から開催の美術連盟展をみせて頂きました。
美術連盟展7.11
前市長の佐護連盟会長さんが受付で来場者を迎えておられましたが、
油絵、水彩、その他の作品もどれをみても力作ばかり、
会場で話すことが出来た正木議員の「猫と干物」(タイトルが違うかも)という油絵は、
せしめた獲物を取り返されまいと警戒する猫の表情がとてもうまく描かれ、
お世辞でなく、油絵を始めて1年半くらいとは思えない作品でした。
同じくらいのキャリアの白井えり子前議員の赤ちゃんを抱く女性の絵もあり、
公人も一般の方々に混じって文化活動ができる日進市の雰囲気はとてもいいです。
私も、たまには絵や書をかいてみたいなあなどとできぬことを思ったりしますが、
今はまだもっぱら外でのスポーツということになってしまいそうです。
いずれにしても向上心を忘れず、しっかり活動を続けたいものです。

最後にモリコロパーク大会、美術連盟展の関係者の皆さん、お疲れ様でした。


2009.07.11 / Top↑
Secret