昨夜も会合があって、何だかんだと遅くなってしまい、ブログ更新が今朝になっています。
などと言い訳をしていますが、月曜日というのは週初めで何かとバタバタし、
考える時間もなく用事に追われているせいで、
実はネタを考える思考回路が停止して行動していてこうなるわけで、
あまり良いことではありませんので、もう少し頭を使って日々を送りたいと反省です。

さて、一昨日のニュースで千葉市長に31歳の方が当選とありました。
千葉市というと人口95万人に届こうかという政令指定都市です。
31歳の市長さんは政令指定都市で最年少だそうですが、
お若くてもそれなりの経験や実績がおありだろうとご本人の経歴を見ると、
大学を出てデータ通信会社に、その後市会議員2年で立候補、
ということで、思わず「う~ん」と唸ってしまいました。
95万人都市の首長、議会で大勢の内の1票投じるのはとは訳が違います。
ご本人や地域性をを知らずに、全く的はずれな遠目の感想で大変失礼ですが、
立候補する方も大したものですが、選んだ市民の方々も大したものだと思います。
もはや、「誰でも一緒!、若いから何か期待できる!」と言うことでしょうか?
郵政会社の社長の人事であれだけ問題になるということは、
民間の会社で考えると組織のトップは本当に大事で、
先行きが不透明だから「若くて元気なのにやらせろ!」という具合には、
絶対、100%何があってもあり得ないと思います。
斬新な発想や物事にぶつかっていく若さや行動力は必要だと思いますが、
それには事を遂行するための知識や経験が大前提だと思います。
今回の市長さんの回りにも経験豊富な方がおられ、補佐されることとは思いますが、
市民の皆さんが、将来「しまった」と思われない政治をしていただきたいと思います。
2009.06.16 / Top↑
Secret