昨日、今日、2日間の定例議会、一般個人質問が終わりました。
今回質問者の人数がいつもより少なかったですが、
私自身の不得意な分野や、あるいは違った角度での質問も多く、
それぞれが市民のためにしっかり当局へ問題点を質せた良い個人質問だったと思います。
他の方の質問について考えたことなども書きつづっていこうと思ってはいますが、
ついその日その日の思いつきを書いてしまいますので、
そのものに対するコメントというより、影響を受けた内容となるとご理解ください。

それはそうと、一昨日外出先で「子どもの登校時、車が多く危険なので何とかして欲しい」
とのお話しをいただき、早速昨日、朝登校時間を見計らって行きました。
なるほど車の抜け道となるその場所は、歩道を歩く子どもに限らず、
車同志でも不注意による出会い頭で事故になりそうなところでした。
聞くとバイクと車の事故もやはりあったようで、今後本当に対応が必要です。
当局へはすぐ相談し、通常通り地域から声を上げていただく必要があるということで、
お話しくださった方には途中報告しましたが、問題はここから・・。
その場所は竹の山地区の民家もまだあまりない場所、
相談をくださった方が仰るには、自治会もあるか無いか分らない状態で、
こうしたことを「誰にお願いして良いやら・・・」ということでした。

日進市は今後も開発団地を中心に人口増加が見込まれていますが、
以前、議員成り立てで質問をしましたが、新しい住民の方の声を吸い上げるシステムがない。
新住宅地に建つ賃貸住宅に住まわれ地域の右も左も分らない方々にとって、
とても不便な話しですし、戸建てや分譲マンションに住まわれる方にとっても大変な問題です。
行政サービスが市民に充分届くように、要望が行政にあがるように、
新住宅地には行政による自治会組織作りの手伝いが必要だと思います。
とりあえずどこかの行政区にという「あてがい」は分らないでもないですが、
どうしても地域によって問題意識に差が出来るはずで、ある程度の規模が見込めるなら、
その道筋を示してその方向へいくように誘導するのも一つの方法かと思います。
いろいろ検討しなければならない事が多いでしょうが、
私自身取り組んで行きたいテーマです。
2009.06.05 / Top↑
Secret