ご存知の通り、お隣名古屋市の市長選が先日の日曜日から始まっています。
この選挙の結果が少なからず私たち日進市にも影響がありますので、
興味本位でなくしっかりとした人になって頂きたいという思いから、
できることなら応援をしたいと考えていましたところ、
ちょうど、天白区植田南小学校の体育館での、
保守系候補「細川まさひこ氏」の立会演説会へ誘われ、行ってきました。
応援弁士で現名古屋市長の松原氏、
名古屋市長選-1
衆議院議員馬渡代議士、須崎県議、成田市議など、
なじみの方々がそれぞれの立場から細川候補の応援演説をして、
名古屋市長選-2
夜7時という出にくい時間、しかも大変な雨の中集まった皆さんに、
何故細川候補でなければならないかを訴えました。
松原市長から、マスコミで取り上げられている、ある候補者の10%減税について、
現状の65歳以上の62%の方々は非課税であり、10%減税は一部の人のみの優遇だと、
また、地域コミュニティー代表の方から中学校区毎の組織作りについて、
「私たちコミュニティーの各団体のこれまでの活動は何だったのか?!」
といった批判、疑問も話され、耳ざわりのいい、
聞こえのいいパフォーマンスで行政はできないということだと思います。
何でも変えるのではなく、不足する部分を解決することが必要で、
計画されている必要な事業は進めなければなりません。
302環状線の東側は開通見込みであること、地下鉄工事も前倒しになったこと、
植田東小学校がエコパイロットスクールとして試験的に様々なエコ設備を導入できたこと、
さらには、天白川整備事業が向こう30年、150億円かけて行われるとのことで、
上流である日進市にとっても大変嬉しい話しを聞けました。
それにしても何故こんな話しが私たちの耳にはいらないか?
この立会演説会であらためて強く感じましたが、
市会議員、県会議員、首長、国会議員が一丸となって働ける地区は強い!
日進市の場合、残念ながら欠ける部分があって、
こうした情報が得られない、あるいは要望をしっかりと上げられないということで、
今後の課題です。
名古屋市長選-3
細川候補について、最後になりましたが、
私は本人の話しを聞くのが3回目ですが、まだ壇上の話し方には固さが残り、
強いていうなら応援弁士の陰に隠れそうな感じもありましたが、
普段の話しぶりは自信にあふれ、その若さで何でも吸収し、
また地に着いた行政が期待できますので、是非、細川まさひこ氏にお願いしたいと思います。
2009.04.15 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nissinforever.blog90.fc2.com/tb.php/654-e5854899