今日は、忙しい一日でした。
朝一番、少年野球クラブの白山宮参拝。
拝殿に54名の選手の他、スタッフ、親御さんも入っての大勢のご祈祷でしたが、
こうした神事は何だか気持ちが引き締まり、ようやく新年が始まった気もします。
チームは白山宮から練習グランドまでランニングで初練習でしたが、
私は香久山区の区議会へ参加させていただきました。
普段から区長さん始め役員の皆さんとの情報交換をしているつもりでしたが、
今日、地域に設置してある消火器や公園の立看板へのいたずらがあることを初めて知り、
私自身、問題の少ない穏やかな地域と思いこみ過ぎていると反省でした。
細かなところでほころびが出ないよう、ますます地域内のコミュニケーションが大切です。
この後は、市民会館書ホールで開かれた商工会主催の賀詞懇話会。
08賀詞懇話会
かなりの方々のお顔が分かるようになり、ご挨拶はできましたが、
お楽しみ抽選会の時間には、昨日退去立会をした物件の大家さんへの報告があり、
失礼することとなり、残念でした。(抽選ははずれだったようです・・)

さて、その後、新図書館視聴覚ホールで開催の生物多様性(COP10)講演会。
いわゆる「生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)」について、
日進市がNPO公募提案型委託事業として10月から全5回開催の4回目でしたが、
以前から気にはなっていて、日程が合わず参加できなかったところ、
今回企画運営団体の一つである里山リーダー会さんのお誘いもあって初参加でした。
これまでの講演会も含めて全5回を紹介しますと、

第1回「生物多様性COP10がやってくる-ボンCOP9で見えたこと-」
原野スキマサ氏(生物多様性フォーラム理事)

第2回「海の使者・クジラが教えてくれる生物多様性」
山下洋氏(元ORCALAB(カナダシャチ生態研究所)研究員)

第3回「フィリピンの今とフェアトレードの明日」
杉本皓子(フェアトレードショップ「オゾン」代表取締役)

第4回「夕張と途上国との共通性?」
石原紀彦氏(元愛知大学等非常勤講師)

第5回「日進地域と生物多様性(ワークショップ形式)」
平成21年2月14日(土)午後2時から4時まで 新図書館視聴覚ホール
曽我部行子氏(生物多様性フォーラム理事)

というものでしたが、今回(第4回「夕張と途上国との共通性?」)の講義内容は、
08COP10講演会
「経済(政治?)と生物多様性」????
切り口があまりにも違うのではない?あるいは恣意的とも思えるものでした。
お誘いをいただいたときは、東部丘陵について考えるというようなお話しを聞いていたので、
実は東部丘陵をもっと知らなければと、先日岩藤新池からその周辺をさる方の案内で歩いて、
岩藤新池-1
(年のかなりの期間がこのように枯れ池になるところもあります)
岩藤新池-2
(こちらは下池、総合運動公園方向を撮影)
いろんな植物や生き物の話しもお聞かせ頂いたので、
漠然と生物多様性について理解をしたつもりで挑みましたが、今日は何とも・・・でした。
耳にしたところによると今日の講師は某国会議員の秘書?とのことで、
本当なら、公の講演会としては、それこそ政治色があって何だかなあということでした。
終了後のリーダー会の会長さんとお話しでは、これまでは良かったとは聞けましたが、
今回は会の皆さんがせっかく企画運営された内容を理解できず申し訳なく、残念でした。

夜は9時まで少年野球クラブの会議で一日が過ぎました。


2009.01.10 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nissinforever.blog90.fc2.com/tb.php/560-bb33d2ee