昨夜は、H16年PTA役員同窓会。8名が集まりました。
受験生を抱える方も数人いらして、みんな日頃のストレスを発散するかのような会となりました。
懐かしい話題から皆さんのお困りごとの話しまで時間を忘れて盛り上がりました。
県外の引っ越しされた方へも連絡したり、本当に仲のよいメンバーで楽しかったです。

さて、今朝はクリスマス飾り(リース)作り教室へ参加させていただきました。
08クリスマスリース
こんな立派なものが、参加された20名くらいの皆さんとワイワイしながら楽しく作れました。
今度は正月飾りに挑戦することになります。

午後、日進市日東子育て支援センター・日東保育園で、
(財)東京子ども図書館の荒井督子さんによる講演会、
「本の鎖を紡ぐために・本の選び方」を聞かせて頂きました。
08日東講演会
日東保育園さんからはいつも支援センターの通信をお送り頂いていましたので、
一度お伺いしなければと思っていて、ようやく叶いました。
講演の内容ですが、子どもにとって良い図書館とは、
1.自由に本を楽しめる。
2.選ばれた本(上質な本)があること。
3.子どもの本をよく知る大人がいること(本を薦められること)。
というお話しで、また、グリム童話やアンデルセン童話などすぐれた話しは、
原書に忠実なディテールにこだわった本を子どもに読んでもらいたいとのことで、
新図書館がオープンしたばかりの本市にとってタイムリーな話しでしたが、
せっかくのいいお話しでしたので、他の関係者のみなさんにも聞いて頂ければと思いました。
「子どもたち、子ども時代を楽しんでください。大人、老人になって自分を支えてくれるのは、
子ども時代のあなたです」という、かつら文庫を主宰された石井桃子さんの言葉は、
読書に限らず体験が偏っている今の子どもたちに是非伝えたいです。
2008.12.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nissinforever.blog90.fc2.com/tb.php/524-89264d25