本日、午前8時30分より、全員協議会が開かれました。

新市長になって初めての全員協議会で、
萩野市長の挨拶は、対立候補に大変多くの投票があったことを、
真摯にうけとめながら、掲げた公約実現に向かって努力する旨のもので、
慎重でありながら力強いものだったと感じました。

さて、協議会の内容ですが、
選挙前の去る7月18日の職員不祥事報告の際に指摘された、
別件に対する調査報告でしたが、
前回、そういった事実はないような答弁がありながら、
結局調査の結果、事実が明らかになってきたものでした。
ある議員が言われるように、不祥事は時には起こりうるもので、
その都度こうした全協を開く必要はないと思うのですが、
開かれる以上は明確な情報公開が望まれるところです。
それにもかかわらず、のらりくらりとした報告では話になりません。
事の本質を隠したような、はっきりしない態度は、
庁舎内のよろしくない体質を感じざるを得ません。

今日は、新市長の同席でしたので、
当然こうした見直し(粛正)があるものと理解して、発言は控えるつもりでしたが、
あまりにもこれまでと変わらない答弁だったので、
今後、議会と当局が緊張感を持ちながらも、発展的・建設的な質問・答弁が繰り広げられる、
期待を込めてあえて質問(意見)をさせて頂きました。

市役所職員の皆さんが、市民の皆さんのために働きがいを持って、
活躍されることを期待してこうして全協についてブログに掲載をいたしますが、
協議会の詳細な内容は、職員個人にかかわることにもなりますので、
具体的なことは控えさせて頂くことをご了承頂きたく思います。

いずれにしても、新市長の下、これまでとは違う方向で行政がされるならば、
まず早急な組織の立て直しが必要かと思いますが、
期待を込めて今後の人事を見守りたいと思います。

当ブログについて、
皆様からのご意見、ご質問をお待ちしておりますので、お気軽に投稿ください。

2007.07.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nissinforever.blog90.fc2.com/tb.php/50-c0f38f07