今日は「0」の日、あいさつ運動の日でした。
いつものところに立っておりましたら、PTAの方が2人通学路に立っておられ、
校長先生も来られたので、お話ししたら先日登校中に児童が交通事故にあったとのこと。
水晶山緑地の北側道路は児童が歩行するところをカラー舗装してあるのですが、
鬼ごっこのようにふざけながら登校していて、はみ出したところに車が来たということでした。
もちろん子どもがきれいに並んで歩いていれば事故が起きることもなかったでしょうし、
車の運転手も児童の様子を見ながら徐行していれば防げたかもしれません。
対策として、①学校や家庭で子どもにふざけて歩かないように注意すること。
②通行車両に通学路であることを知らしめること。③地域(大人)で見守ること。
普通に考えて、この3つがまず考えられますが、
先日、中学校のあいさつ運動で散歩の方に「過保護では?」と言われたのを思い出し、
こうした交通ルールを守れば防げることに対して、大人があまり一生懸命になると、
確かに彼らの考える力、危険を自分で知る機会を奪ってしまうかもと考えさせられました。
もっとも、先日の事故は大事に至らずすんだようで、
大事故だったらこんな悠長に言っていられないでしょうが・・・。

こんな朝一番でしたが、こうしたリスクマネジメントも含めて、今日は久しぶりに自宅でこもって、
これまで貯めた資料で、いろいろな勉強をすることができました。
やりかけると、議会の場でなくとも質したいことだらけです。本当にエンドレスですね。
また、整理がついたらブログでもHPへでも書きます。
2008.11.10 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nissinforever.blog90.fc2.com/tb.php/499-631c1baa