恐ろしい円高、そして株安。
円高は日本への期待が強いという意味もありますが、
輸出産業への影響はひどいことになります。
私も前職で輸出向けのお客様との取引を経験しましたが、
円高で商売が極端に落ち込んでしまい、相手先の売上げが落ち、
利益などすっ飛んでしまったのを目の当たりにしているので、
今回の円高を見るとホントにとんでも無いことになりそうだと心配です。
それを見越しての株安かと思いますが、株安が景気をさらに悪化させることが予想され、、
本当に政局(解散総選挙)どころではありません。
今は与党、野党関係なく、真剣にこの国のことを考えて協力しなくてはならないと思います。
いずれにしても、とにかく国も県も地方自治体も今後の税収の減少は必至で、
来年度予算は今年度とは大きく変る可能性があると考えられます。
本市も右だ左だ真ん中だと言っている場合ではないかもしれません。
私たちも、この推移を見守りながら、予算について適切な要望、
あるいは今後の審議をするよう心がけないといけません。
まさに、緊急を要する事以外は、事業の優先順位をしっかりと決める必要があります。
2008.10.28 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nissinforever.blog90.fc2.com/tb.php/485-22678163