我が家は2人の息子がいますが、
現在は同居でない長男は小学4年生から高校まで、
今年から社会人となる次男も中学硬式チームまで、
それぞれ野球経験者ということもあり、
全国高校野球選手権大会「夏の甲子園」」中止報道は、
二人にとってもおそらく寂しい話しだったと思います。

私自身は高校も野球部ではなかったものの、
地方大会を応援団として汗を流し繰り上げとは言え、
「春の選抜甲子園」に出られたのは誇りですので、
中止報道に当事者の落胆は大きいと思います。

でも多くの野球人、著名人が言っているように、
これまで苦しい練習をしてきたことや、
指導者、仲間と過ごした時間は必ず生きてくる、
そう信じてこれまで以上に頑張って貰えれば・・・。
もちろん甲子園以外にもスポーツ、音楽など、
各分野での中止に対しても同じように、
「言うは易し」で勝手な事を言うなと怒られるかもですが、
気持ちを切り替えて前向きに・・・と思います。


2020.05.22 / Top↑
Secret