今朝も雨が降る中ではありましたが、米野木駅でアンケートを配りました。
総裁選アンケート
南山の手線開通に伴って米野木駅が変ってから訪れたのは初めてでしたが、
すぐ近くに、うわさの24階の建物とそれに付随する立体駐車場も見た目は出来上がり、
戸建住宅現場と思われるハウスメーカーの覆いも見られ、駅利用者も増えそうだと実感しました。
ところで、南山の手線は開通して1年だと思いますが、日進駅から東に向かう車線は、
水道かガスの工事か、途中掘り返した跡がずいぶん見られました。
議会でも米野木区画整理地内は下水道管が埋設されていないと答弁もあり、
何だかこれまでの日進市の街作りの計画性をどう評価するのかと思ってしまいます。
見解の相違で「道路は要らない」「発展しなくてもいい」という議論はあるかもしれませんが、
環境問題に密接な下水道事業も放っておかれたことは全く不可解です。
せっかく発展しそうな地区にケチをつけるようで恐縮ですが、
今後きれいな街に通っている道路は、下水道工事のために掘り返され、
見た目にもわるく、生活の上でも不便になり、
また費用的にも税金の無駄遣いだと思えることになりそうです。
どうしてこうなってしまったか、”よお~く考えよお~”と歌いたくなります。

と、誰かさんのお話のように、前置きが長くなってしまいましたが、
今日、建設経済常任委員会が終了し、これで議案は全て可決の見通しとなりました。
しかし、毎回いろいろなあるのですが、今回も「何だかなあ」でした。
あまりに基本的な事を質問するのはいかがなものかと思いますし、
とんでもなく議案とかけ離れた視点から質疑するのもよろしくないと思いますが、
どこかからか、何だかんだと発言を押さえつけられていると感じるのは私だけでしょうか?
「右」「左」「真ん中」「古い」「新しい」いろいろな考え方があってもいいし、
その意見を出し合って、議論して結論を導き出すことは必要だと思います。
あまり質問を割愛すると本当のチェックができなくなってしまいます。
執行部も多忙なことは理解できますし、お互いの時間的なロスをなくすという、
これまでの申し合わせ、あるいは暗黙のルールもあると思いますが、
議会ルールが一般の方の理解を得られるかどうか、
審判ではありませんが、多くの市民の方に委員会も傍聴頂きたいと思った一日でした。
2008.09.18 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nissinforever.blog90.fc2.com/tb.php/445-00a101c0