今日はいよいよ明日8月1日(木)から10月14日(祝・月)まで、
開催となる「愛知県トリエンナーレ2019」の内覧会に・・・。
愛知県芸術文化センターの展示作品を一足早く、
駆け足でしたが、観させていただきました。
67555326_2348228158605536_8518019895818977280_n.jpg 67731310_2348228205272198_8606575550162534400_n.jpg

67575656_2348228228605529_2572370971453292544_n.jpg 67403123_2348228275272191_7031121382087852032_n.jpg
今回のトリエンナーレは、国内外66組のアーティストが出品。
音楽プログラムが取り入れられ、芸文センターを中心に、
名古屋市美術館、豊田市(豊田市美術館、豊田市駅周辺)、
まちなか会場として名古屋市四間道・円頓寺でも・・・。
67373691_2348250528603299_5735450373041160192_n.jpg 67468608_2348250581936627_1775018388964245504_n.jpg

67346065_2348250715269947_742443568798367744_n.jpg 67425720_2348250768603275_2387623863748919296_n.jpg
ちなみに芸文センターでの展示では新聞でも載りましたが、
芸術監督の意向か「慰安婦像?」など刺激的な作品群があり、
そこだけは写真撮影・SNS投稿禁止ゾーンとなっていて、
以前のトリエンナーレでは事前に作品の説明紹介があったのに、
今回はマスコミ情報が先で「いきなり」とも思える、
この作品展示も含めたやり方はいかがなものかと、
理解が難しい芸術祭とは言え、正直なところ違和感があり、
個人的には「ふ~む・・・」です!




2019.07.31 / Top↑
Secret