ブログの更新しませんと宣言したのに、
あとから書いても意味がない、今書いておかないといけないとと、
どうしても書きたくて、約束を破ることお許し頂きたく思います。

聞いた話なので、正確ではありませんが、昨日の話、
佐護市長が、後継の候補者の応援演説を日進駅前でした内容のことです。
「今回の市長選は新住民と旧住民との戦いである」
新旧の比率を上げながら、こう話したと言われています。

候補者が自己の責任において、
こうした内容を争点とするのならいざ知らず、
現役市長が市民を2分するような発言をして良いものか?
佐護市長は、これまでそういう区別をして、
行政を行ってきたと言うようにとられても仕方のない発言であり、
非情に遺憾だと思います。

演説での細部の表現は若干相違があると思われますし、
複数の証言を得た内容ではないので、詳細はやや疑問ではありますが、
大筋はそうであろうと思われますし、
そんな声が聞こえてくること自体、全くおかしい話だと考えます。

すぐに問題提起すべきと約束を反故にして、書かせて頂きました。
読者の皆さん、いかが思われますでしょうか?

2007.07.18 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nissinforever.blog90.fc2.com/tb.php/44-529c9669