今日1月17日で阪神淡路大震災から24年・・・。
インフルエンザ休養ですっかり早起きになっているので、
ちょうど朝5時46分の黙祷のTV中継を見ました。
被災された皆様も高齢となり早朝のこうした事業が、
年々続けづらくなってきていると話がありました。

あと2ヶ月もすると東日本大震災が起きた「3.11」。
人間は忘れる動物かもしれませんが、
教訓は何とか受け継ぎ、生かさないといけません。
あらためてこの地域の防災減災について考えたいと、
心に誓った今朝でしたが、
今日は人生初手術のため、午前から入院、
50211502_2040660286028993_9141572649535668224_n.jpg
午後2時過ぎから下半身麻酔での手術でした・・・。

約1時間の手術中、ほとんど目を閉じていましたが、
音と身体を触られているのは分かるものの、
冴えている頭の中でザワザワ取り巻く声が聞こえ、
何だか魂が体から「スっ」と離れて、
自分の手術を眺めている、TVドラマの映像でも、
見ているような不思議な感覚でした。
無事に終わって手術台からベッドに移される時も、
身体をシーツごと「よいしょ!」と動かされ、
まるでご遺体を棺桶に納めるときのような、
現実離れした夢心地は麻酔のせいだったでしょうか・・・。
50071365_2040660326028989_6577646640348266496_n.jpg
足の感覚も戻って来ましたが、
前回と違って大部屋での入院は気を遣います。


2019.01.17 / Top↑
Secret