今日から愛知県議会は常任委員会ですが、
私の所属する健康福祉委員会も本日開催。
と、その前に、来る10月13日(土)午後2時30分から、
日進市民会館大ホールで大村知事と一緒に開催の、
県政報告会の案内のため米野木駅で早朝活動でした。
日進市内の3つ目の駅でしたが、これまで同様に、
市議会議員、後援会の皆さんにはチラシ配布いただき、
通勤通学の皆さんに受け取っていただきました。

さて、健康福祉委員会ですが、
意見書などの口頭陳情の後、議案の提案理由説明、
43122676_1894332397328450_794423389023371264_n.jpg
続いて議案質疑でしたが、
私から寄付金を活用した奨学金事業について、
寄付者の意向を確認しての事業であること確認。
本来は基金を作ってずっと継続できるように、
想定しておられたところですが、国の制度が変わり、
その対応を考えての今回の事業であると理解。

また、一般質問では後発医薬品(ジェネリック)について。
少子高齢化が進む日本における社会保障制度が、
今後も持続するためには医療・医薬費の削減が必要で、
そのために国は後発医薬品を奨励していますが、
医師、薬剤師、患者それぞれでとらえ方が違うので、
薬品の効能やデメリットもしっかりと「見える化」して、
「おくすり手帳」の有効活用も含めて、
それぞれが共通認識のもと安心して使えるように、
県として努力してほしいと要望しました。


2018.10.04 / Top↑
Secret