今日は、一般質問の内容まとめる意味で当局の関係部署で話をさせていただきました。
私たちの一般質問の持ち時間は20分ですので、意味のない質問は避けたいところ、
何がベストかは分かりませんが、いろいろ試しながら実のある質問にしたいという思いです。
とりあえず組み立てはできたところで、午後からあちこちにでかけ、いろいろな人に会いました。
中でも、久しぶりにお会いした大正15年生まれの方は、
私がサラリーマンの頃大変お世話になった方で、今でも元気一杯です。
議員になって初めてお会いしましたが、
「ええ商売についたなあ」と思い切りイヤミを言われました。
地方議員に対する古いイメージではありますが、話しているとただのイメージだけでなく、
支払う税金に対して行政サービスはどうかという簡単な発想でみると、
その方が言うとおり、「行政職員も議員も、一体何をやっとる!」ということになってしまい、
「福祉」などといっても、市民全体にとって本当に意味があるのかと考えさせられました。
ちなみに、その方は日進市の方ではありませんが、
ここまで知り合いに、辛辣に言われると「う~ん」となってしまいます。
うなってばかりもいられませんので、単純明快な分析にもしっかりお答えできるよう、
そして自分自身納得できるよう、もっとしっかり勉強が必要です。
2008.08.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nissinforever.blog90.fc2.com/tb.php/407-97d84831