議会基本条例について集中審議する議会運営委員会2日目の今日、
昨日、会派持ち帰り(検討)となった項目についての各会派の発言から始まり、
他の重点検討事項についてもそれぞれ話し合いました。
お互いの意見を出し尽くした後、議員全員(24名)の一致を目指すということで、
今日までの議論内容を、無会派(会派に所属しない)議員に説明し、
意見を求めた上で全員協議会を開くということになり、今日の委員会は午前で終了。
今月28,29日の予備日も開催しない事となりました。
私個人的には、議員同士がこうして真剣な議論をするのは理想で、
もちろん、一つの結論を出すと言うことでは大変な時間と労力がかかりますが、
その過程で議員一人ひとりの人となりも分かり、本当に有意義だと思います。

市民にとって何が一番かと考えると「日頃の安心、安全、快適な暮らし」であり、
その環境を作る行政の役割は重要で、その行政をしっかりと監視し、
また提案することが議会の本来の役目なので、
立場も考え方もそれぞれである議員同士が、議会の浄化や活性化の議論でなく、
市民のための施策に関する議論をどんどんできると本物だと思います。
今回の議会基本条例について話し合いで、こうした本来の議論につながることを期待したいです。
2008.08.07 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nissinforever.blog90.fc2.com/tb.php/401-b77cfc27