名古屋市長選挙はいよいよ最終版ですが、
選挙モンスターの現職にどこまで食いついていけるか・・。
物事の考え方は自分の立ち位置で全く違いますので、
これまで現職を支援した人たちは「何がいかんの!?」
ということでしょうし、前副市長の新人候補を応援する人は、
どうしても変えなければならないと活動しておられます。
もう残り少ない選挙戦で外野の私がこんなことを書いても、
たいした意味はないのかもしれませんが、
票を投じると言うことはその人に何かを託すわけで、
「何か」とは公約であろうかと思います。

通常の場合、現職は強い。
一度選んだからには3期12年くらいは仕事をさせてみよう、
それくらい期間がないと成果も出せないだろうということですが、
現職の当初の選挙公約を思い出してみると、
「減税」と自分の報酬減は継続していますが、その他はというと、
地域委員会、中京都構想などどこへいってしまったのか・・・。
評価については名古屋市民の方々の判断ですが、
私が言いたいのは「いい人だから!」というだけで、
首長を選ぶのはいかがなものかということで、
しっかりとこれまでの仕事ぶりや次なる政策を比べて、
投票に結びつけてほしいものだと思います。

それ以前にその人を知っているかどうかが、
知名度が一番の要因のようにも言われますが、
より良い選択をするには街頭活動や立会演説会など、
有権者が自ら出かけて話を直に聞くことも必要だと思います。
新人候補の演説会予定等は「CHANGE NAGOYA
https://peraichi.com/landing_pages/view/changenagoya
HPに記載されていますので、ご確認の上、
どうぞ応援にお出かけください。












2017.04.19 / Top↑
Secret