今日も愛知管議会2月定例会は一般質問。
最終日も中身の濃い議論が展開されました。
DSC_1878.jpg
今議会で22名の議員の質問でしたが、
来週から始まる議案質疑の通告も締め切られ、
私も通告しましたので、昨夜から始めている、
原稿づくりの仕上げを・・と思います。

ちなみに今日の質問通告は以下の通りです。

15番 高桑敏直議員 (自民)
 1.広がる「梅毒」への対応について
 2.アクティブ・ラーニングと近現代史教育について

16番 水谷満信議員 (民進)
 1.高齢者支援について
 2.資源循環の推進について

17番 わしの恵子議員 (共産)
 1.日米関係と県政の方向性について
 2.ヒバクシャ国際署名について
 3.小中学校の少人数学級について
 4.踏切道の安全対策について

18番 丹羽洋章議員 (自民)
 1.農業に関する諸課題について       
 (1)農作物の農業生産工程管理(GAP)認証について               
 (2)主要農作物種子法の廃止について
 2.事業承継支援について

19番 犬飼明佳議員 (公明)
 1.若者の働き方改革について         
 (1)若者の職場定着の取組について                         
 (2)若者の正規雇用拡大について
 2.県立学校施設の長寿命化等について
 3.児童虐待について

20番 山田たかお議員 (自民)
 1.西三河南部地域における農地防災について
 2.県立学校大規模改造工事について
 3.廃棄物処分場について

21番 佐藤一志議員 (自民)
 1.交通死亡事故抑止対策について
 2.中部国際空港二本目滑走路整備について

22番 渡辺 靖議員 (無所属)
 1.農業分野における人材力強化について      
 2.お茶の需要拡大について
 3.ゼロメートル地帯における防災活動拠点について

議会開会中、特に本会議がづつくと、
世の中の出来事に疎くなりますが、
休憩中に中継をやっていた石原元知事の記者会見、
巨大な組織のコントロールの難しさを見た気がします。
責任追及もさることながら移転問題で振り回されている、
市場関係者のことを真っ先に進めないといけませんし、
反面教師で今後土壌汚染や瓦礫の埋まった土地など、
行政が扱う場合の参考として同じことを、
決して繰り返さないようにしなければと思います。


2017.03.03 / Top↑
Secret