週明け月曜日の今日から2日間、
県議会文教委員会自民党県議団メンバーで、
「やまぐち型地域連携教育」を進める山口県へ視察。
私は山陽新幹線での移動がこれまであまりなく、
山口県へも初めての訪問でした。

山口県庁議会棟内会議室での調査でしてたが、
愛知県議会文教委員長として調査団を代表して挨拶。
議会事務局田平次長の歓迎挨拶ののち、
山口県教育庁 清時審議監、義務教育課の、
やまぐち型地域連携教育推進班兼重教育調整監から、
16640888_1246912012070495_8603343353325067081_n.jpg 16602598_1246912025403827_3991416786284596549_n.jpg
村岡知事の肝いり「地域教育力日本一の実現」に向けた、
取り組みの説明を受けて質疑応答でした。
県内の小中校全校は平成17年から力を入れてきたという、
コミュニティスクール(CS) に指定されており、
地域差はあるもののCSコンダクターによって、
開かれた学校として地域ぐるみでの学校運営がされています。
安部総理の出身地で昨年末ロシアのプーチン大統領が訪れた、
山口県は明治維新胎動の地として多くの偉人を輩出した、
歴史もあることから人づくりに力を入れていると感じます。
明日は下関市文洋中学校での調査、とても楽しみです。


2017.02.06 / Top↑
Secret