6月26日(火)議会報告会を開いて頂きました。

お越しになられた皆さん、お忙しい中どうもありがとうございました。
また、とりまとめをくださったI様、本当にお世話になりました。
さて、中身ですが、昨日新聞折り込みに会派の報告(新政通信)を入れさせて頂いたので、
その詳細を報告を聞いて頂く内容となりました。
議会のように言葉を選ぶこともなかったので、
ズバズバ話しすぎた反省はありますが、
思いが言葉になってしまったということで、ご容赦を願いたいと思います。
また30分という短い時間での話だったので、
裏返しの発想(逆も真なり)についてお伝えできなかったこともっと反省です。

どんな意見にも正しい部分はあると思います。
誤解がないように、また方法論や順序の問題で解決できることも多々あるということを、
もっと掘り下げてお話ししなければならない、
皆さんに納得頂けるための活動を今後しっかりしなければと思います。

いずれにしても、今回の段取りといい、
色々な面で猛省が必要な報告会だったと思います。

何を書いているのか分からない方々には、
大変申し訳なく思いますが、私自身の問題だとご理解ください。

これから、また地元を歩いて、
一つずつ積み上げていきたいと思いますので、
道や公園、玄関先でお会いできたら、
世間話でもして頂きたいと思います。

ところで、昨日の会派報告を見てと言う方から電話で、
いろいろご要望をいただきました。
もっとお話をと直接お会いしてかなりの時間お話できました。
内容的には、整理すると特にくるりんバスについてでしたが、
今日、香久山女性の会の方からも同じように、
くるりんバスのついて注文をいただきました。
市民の足といっても、マイカーのようにはいかないかもしれませんが、
平等にその利益を享受出来るかどうか調べて、
回答したいと思います。

押しボタン、また右折信号の要望もいただきました。
市役所の建設課でなく、愛知警察へ行きましたが、
そこで言われることも、しごくもっともで、
お役所というところは、どうしてこう答弁がうまいのか、
結局、落としどころがポイントとなりますので、
実をとれるように頑張っていきたいと思います。


2007.06.27 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nissinforever.blog90.fc2.com/tb.php/35-e598e310