今日、先日延会された文教民生常任委員会が開かれ、審議された議案は次の通り。
<教育委員会・教育振興部所管>
議案第49号 日進市立図書館条例の一部を改正する条例について
議案第50号 平成20年度日進市一般会計補正予算(第2号)について
議案第54号 工事請負契約の締結について(南小学校校舎増築及び改修工事)
<生涯支援部所管>
議案第48号 日進市休日急病診療所条例の一部を改正する条例について
議案第53号 工事請負契約の締結について(新ラ田保育園園舎建替工事)

請願第1号 後期高齢者医療制度廃止の意見書の提出を求める請願書
請願第2号 後期高齢者医療制度廃止の意見書の提出を求める請願書
陳情第2号 教職員の労働安全衛生活動の2大課題の推進について陳情書

結論から言うと、議案は原案通り可決、請願は不採択、陳情は資料配付となりました。
特に盛んな議論がされたのは、49号の図書館条例改正でした。
皆さんも新図書館の立派な建物の外観を遠目にみて、
「凄いのが出来た!!」と思っていらっしゃることと思います。
これは、計画の段階から従来の図書館機能の他に、
情報・生涯学習・児童機能を備えた複合施設となったことによるもので、
計画立案に関わられた方々の思いが結実したものだということです。
今回、議論の焦点となった問題は施設の有料、無料ということでした。
図書館法によれば、「第十七条  公立図書館は、
入館料その他図書館資料の利用に対するいかなる対価をも徴収してはならない。 」
とあるので、従来の図書館機能については、もちろん無料なわけですが、
本市は平成16年に公共施料金について取り決めをしているので、
市民の希望により出来た複合施設部分については、利用料金が統一的な方式で算定され、
その方式に相違なく決められたことですし、2億円というびっくりするランニングコストを聞けば、
受益者負担もやむなしというところで、私は賛成しました。
もちろん、減免や場合によっては還付もあるという条項もあり、納得できる内容だと思います。

話は変わりますが、平成16年当時無料だった学校開放も受益者負担として使用料が課され、
青少年の健全育成を目的にボランティアが頑張って指導していた、
ミニバスケット、少年野球、サッカーも金策で大変な苦労をしたことを知る一人として、
今回の件もどうしたら減免となるか、今後非常に興味のあるところです。
また、当時有料を主張した方々は、もちろん無料だなどとおっしゃらないわなあ、
などと思ったりしました。

まあ、いずれにしてもこの新図書館、
先日の所管調査でしっかり見せて頂きましたが、
子育て中の方々や障害者の方々にも使いやすい(と思うのですが)ものになっていますし、
また、障害者団体の就労支援として「ゆったり工房」さんに、
フリースペース(喫茶コーナー)の利用を認めるなど、粋な計らいもあり、本当に楽しみです。
きっと遠くからも見学に来られる方々も多いことと思いますが、
まずは、身近な日進市の皆さんが思いきり利用してくださることを期待したいと思います。
期待といえば、議案について、審議前に当局より、もう少し、しっかり資料が示されれば、
ここまで時間がかからずにすんだと思うところで、討論でも指摘しましたが、
今後の上程の仕方を考えていただきたいものです。

それから、もう一つ重要な話、
今日の請願ですが、私としては、単に廃止は考えるべきでなく、
取りざたされる様々な問題点は今後制度運用上で修正を図り、
是正していくことが大切だと考え、不採択の立場で賛成しませんでした。
もちろん、今後本市の実情をしっかりと身近な代議士などを通じて、
しっかり国政へ訴えなければならないと考えています。

話が長くなってしまいましたが、お約束の所管調査の写真ご覧ください。
まずは、私一押しの学習室。瀬戸大府線から見える月形の窓のある部屋です。
学習室

次は館長お勧めの2階からみた1階風景。
新図書館

2カ所めはNHKホッとイブニングでも放送された名古屋学芸大学の子どもケア学科実習室(?)
日進市の生涯学習大学連携事業をして頂いています。詳しくは情報紙プランか当局へ!
学芸大

同じく学芸大学の先生に説明をいただきました。
学芸大-2

3カ所め、小規模多機能型居宅介護事業所「第2むつみ苑」(本郷)
むつみ苑

4カ所め、香久山児童クラブ(岩崎台・香久山福祉会館となり)。元気な子どもたちです。
香久山児童クラブ

2008.06.16 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nissinforever.blog90.fc2.com/tb.php/346-2b1ea450