今日、午前は管理物件の退去立会が一件、
顔や人柄を知っているわけでもないのですが、
見慣れた名前の方がいなくなるのはさみしい感じです。

さて、午後から中央福祉センターで日進市自立支援協議会により開かれた、
「~あなたは安心してこの街でくらせますか?~地域生活のススメから」と題された、
愛知県障害者相談支援スーパーバイザー山田 優先生の講演を聞かせて頂きました。
山田優先生

障害のある人が普通に暮らせる地域作りのために協議会があり、
その目的に向けて活動や今後の問題などをお聞きしましたが、
冒頭の「障害者支援サービスは、なんでもあればいいものではない。
必要なもの、そうでないものを選択するのは行政ではなく、
そのサービスを必要とする人たちである。」という話が一番印象に残りました。
そう言われれば、あれもこれもと目立つ話はあるけれども、
本当のところは講演の中でもあったように、
現実にそういう立場にある人の気持ちを素直に聴いてあげることだと気づきました。
あれをやったこれをやったと実績を誇らず、ひとりの方のためでも些細なことでも、
ためになることをできればいいと思います。今日はいい話を聞かせて頂きました。

それにしても、情けない話ですが、
1年ちょっとして、ようやくこの分野のことが分かるようになりました。
多くの皆さんのご苦労に感謝します。
にっしん生涯福祉施設もその名前と活動が一致するようになりましたので、
機会があれば随時お伺いしてみたいものだと思います。

夜は、岩崎台・香久山福祉会館で少年野球クラブの定例会。
久しぶりに市民の会管理ボランティアのみなさんにお会いしました。
みなさん、お疲れ様でした。いつもありがとうございます。
2008.06.15 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nissinforever.blog90.fc2.com/tb.php/344-a04d1901