今日、建設経済常任委員会を傍聴しました。
今議会に上程されていた南部浄化センターの増設工事の契約案件も、
この委員会に附託された議案の一つでした。
下水道事業の場合、「随意契約」となることがほとんどのようなのですが、
この「随意契約」という言葉は、密室で決められる内容のような気がして、
どうしても良いイメージではないのですが、
それはさておき、委員会開会早々に、
法解釈に疑義が生じたとの理由で取り下げの申し出があり、
その議案については今日の審議は無しとなりました。
物事の取り決めを明文化したものが、法律や条令ということだと思いますが、
読み方で違ったとらえ方も出来てしまうということで、法解釈は難しいものです。
私たちの仕事の根本となる地方自治法はじめいろいろな法律、条例を、
あらためてしっかり読み込む必要性を感じました。
情報収集もさることながら、土台作りもやりながら。頑張らなくては!

2008.06.13 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nissinforever.blog90.fc2.com/tb.php/343-4e464aaf