昨日は、久しぶりに少年野球のお手伝いをしようと思っていましたが、
残念ながら管理物件のトラブルに振り回されて行けませんでした。
トラブルというのは、「水道の蛇口からお湯が出る」というものでした。
業者と過去の修繕履歴、図面からトラブルの原因を推察し現場で調べた結果、
建物全部に均一に水を送るためのポンプに異常があり、
圧をかけすぎたことにより、水がお湯くらいの温度になっていたようです。
細かいことは、ここで紹介する必要もないことでしたが、
機械ものに限らず、建物全体を定期的に保守点検することがとても大切です。

先日、議会の一般質問でもありましたが、
老朽化で地震などによる崩落が心配される、
橋梁のメンテナンス(というより架け替え!)、また道路の修繕などは、
市民の生活に直接関係することですので、
行政にはしっかり取り組んでいただきたいと、つい思ってしまいました。

また、この梅雨時、体調が思わしくなく、
つい医者へという方がいらっしゃると思いますが、
医者への費用は個人が支払うだけでなく、
社会保険(税金)からも払われていることを思い返せば、
医療費を抑えるためにも、何でも簡単に医者へ・・ではなく、
日頃の予防もとても大切だと気づきます。
特に今年度から医療費が無料となった子どもたちについては、
安易に医者へ連れて行っていないでしょうか?
まずは、健康が一番、できるだけ医者にかからなくてすむように、
子どもに対する日常の健康管理を考えていただけるとありがたいと思います。

私自身、年に一度の人間ドックのようなメンテナンスだけでなく、
普段から暴飲暴食を避け、早寝早起きといった、
細かな注意で健康維持に努めたいと思います。
2008.06.08 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nissinforever.blog90.fc2.com/tb.php/337-39dd67c0