今朝も、あいさつ運動でした。
膝をまげて、顔をのぞき込むようにして、笑顔で「おはよう!」と声をかけると、
ほとんどの児童は元気にあいさつを返してくれます。
分団がいくつか固まってしまったときは、
どうしても個々の顔を見ながらというわけにいきませんが、
それでも今日は元気がよかったです。
そうはいっても、分団長がかたくなに口を閉じたままのところは、
後ろからついてくる低学年もあいさつできていなかったように感じます。
集団はリーダーで決まってくるものか、純粋な低学年にはよろしくないと思いますが、
ご家庭ではあさから何も話さないで出てくるのかと心配になってしまいます。
香久山小学校PTAは今年から当番制であいさつに立たれると聞きました。
仕事などのご都合もあると思いますが、強制だけでなく是非積極的に、
分団で自分の子ども以外も見て頂き、そしてご家庭をかえりみて頂きたいと思います。
防犯も防災も交通安全も行政に任せるばかりでなく、
全て「自助」。まずは自らのことは自分でという気持ちが大切ではないでしょうか?
そんな気持ちの集約が互助となり、地域の雰囲気を盛り上げていくと思うのですが・・。

今日は、朝の思いを一日引きづりながら、会派室で一般質問に向けての詰めでした。
2008.05.31 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nissinforever.blog90.fc2.com/tb.php/328-94883ab7