今日から愛知県議会建設委員会の有志による県外視察、
尾張旭市選出、同期の青山県議から声をかけていただき、
今日は大阪府池田市の下水処理場を視察調査でした。
12573699_943814512380248_1842042954920792717_n.jpg

12592694_943814545713578_7814617023043130442_n.jpg
汚泥処理で発生する熱を効率的かつ最大限に活用するために、
汚泥脱水、燃焼を一貫して進めるシステムは、
国の実証実験として今年度まで3年間行われ、
その成果をお聞きして、現場施設も視察しました。
池田市の下水普及率は99%ということで、
一日の下水処理量25tがこの方式で進められ、
燃料代、電気代、人件費などが削減されるなど、
効果があったものと理解できました。
今後下水処理場の改修など進める自治体は、
こうした実験データを参考にシステム導入することで、
国からの補助金を得ることが可能となるととのこと。
12644966_943814562380243_1954269782288483861_n.jpg
既存施設に余裕があればコンパクトな施設建設なので、
検討できる自治体も多いと期待できます。
2016.01.27 / Top↑
Secret