今、一番注目されている「後期高齢者医療制度」について、
今日手にした資料を載せさせて頂きます。

長寿時代に備える医療制度が必要です
 我が国の社会保障制度は、今日の豊かな日本を創ってきた長寿世代の「方々へ現役世代の感謝の気持ち、老後の年金・医療・介護の経費を多くの支えてくれいている現役世代への長寿世代の感謝の気持ちを、基本とした世代間の共助の精神に支えられている。今後、超高齢化が進むため、年間役12兆円の現在の長寿者医療費は、20年後には30兆円を超えるといわれ、今回導入した長寿医療制度は、長寿者の気持ちの気持ちと健康状態に応じた長寿医療を財源面でしっかり支えるため、世代間と長寿世代内の負担の公平をはかることにより、長続きする制度の確立を目指すもので、要約すると次の通り。

○世代間の公平を確保する。
 保険料負担を現役世代4割、長寿世代1割とし、残りを税金でまかなうこととし、世代間の負担を明確にする。
○長寿世代内の公平を確保する。
 1割負担をお願いする長寿世代は、1,300万人。このうち1,100万人の方々は、これまでも国民健康保険料によりその経費を負担していた。一方、息子さんなどに扶養されている方は、同じ年金を受けていても、息子さんの保険料でカバーされているため保険料の負担がなく、これを是正し、長寿代内の公平を確保する。
○地域間の公平を確保する。
 これまでは、財政的に裕福な自治体は、税金で保険料を補てんしていたため、住んでいる自治体によって保険料がバラツキがあり、全国で最大5倍もの差があった。これを平準化し、都道府県内で同となるようにした。

法改正は、どうしてそれが出来たか、すなわち必然性を知ることで納得できたりします。
上記は、今回のそれを表わしていると思うのですが、思うに、もっと早く示して頂きたかった。
施行されて初めて運用面で低額所得者の負担増が問題になったりしています。
これは昨日の三菱東京UFJ銀行のATMトラブルと同じ、
或いはパソコンのソフトなどの「バグ」と呼ばれる、
思わぬプログラムミスをはらんでいるケースがあり、
実際に運用してみて修正をする必要があることも事実なわけで、
それより、根本的に何故この制度改革が必要かもっと早くから周知すべきだったと思います。
山口の選挙で負けたからという、後出しジャンケンはNGです。

制度を変えるということは、負担を強いられる側からすれば、ちゃんと説明しろよ、
というのは当たり前のことで、今日の内容がもっとしっかり伝わっていれば、
混乱はかなり軽減できたのではと思うところです。

「人のふり見て・・・」で国政の事を見て、本市の行政、議会のことをもっと、
皆さんに知って頂かなければいけないとあらためて思います。
というわけで、遅ればせながらではありますが、冒頭のことをご理解頂ければと思います。
2008.05.13 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nissinforever.blog90.fc2.com/tb.php/309-79931e4e