連休最終日、天気も良かったので、庭の刈り込みや洗車をやろうと思いながら、
ぐずぐずしている夕方になってしまいました。
夕方になると昼間の暖かさはどこへやら、まだ肌寒さを感じます。
7時過ぎには陽も落ちて暗くなるのは当然ですが、
今報道のトップになるあの痛ましい事件を考えると、
本当にどうしたらいいのかと思ってしまいます。

日進市から豊田にかけて、このあたりは田園風景が残り、
夏には涼しい風が抜け、また緑のにおいがしてそこが気に入った!
と引っ越してこられる方もいるくらい静かで良いところだと思いますが、
夜はその分人通りもなく防犯灯も設置がなかったりこうした事件が心配です。
昔なら小さな子どもが一人でとぼとぼ歩くのは危ないといわれても、
自転車でさあっと通り過ぎる高校生が危険な目に遭うことは考えられなかった気がします。
明るくすれば防犯にはなるものの、地球温暖化対策として省エネのためにも、
本当に田圃の真ん中まで防犯灯を設置するのはいかがかと思ってしまいますし、
部活動で遅くなる女子中学生、高校生は自衛手段としては、
とにかく集団行動ということになるのでしょうが、
やはりその前にそうした犯罪が起こりにくい地域社会作り、
人間教育も並行していかなければならないところかと思います。
人の権利・自由を認め過ぎるがために、残酷なゲームや風俗が当たり前になって、
モラルのない人間が育ってしまう土壌が現代社会にはあるのではないでしょうか。
少し前に高校生と思われる子達がたばこを吸っていたので、思わず注意しましたが、
つい先日はあまりに堂々と吸っているのであきれてしまいました。
多くの人が周りにいても悪びれずそうした行為が出来る神経が信じられません。
一歩進めないと仕方ないと警察に通報ということになりましたが、
非行行為が進むと犯罪につながる可能性が高いわけで、防犯灯で防げるものでもありません。
家庭、学校、地域、行政が一つになって人を育てる努力が必要と真剣に考えてしまいます。
皆さんはいかがお考えでしょうか?
2008.05.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nissinforever.blog90.fc2.com/tb.php/302-a5ef061e