今朝は朝起き会からスタートでしたが、
立秋を過ぎてやはり少し暑さが和らいだ気がします。
朝の空は雲がかかっていましたが、
CMEm8PbUMAAwdeb.jpg
下弦の月が何となく秋を感じさせます。

さて、先日の広島、長崎原発投下、
そして、間もなくの終戦それぞれ70年ということで、
また国会で集団的自衛権など安保関連法案の審議中で、
新聞、テレビ報道は戦争に関して一辺倒という感じです。
と言いながら、どれくらいの方々が戦争について、
真剣に考えているかというと疑問ですが、
今朝の朝起き会で「戦争と利得」について考えました。
人間の欲求、欲望にはきりがなく、
日本国内においては戦国時代で領土の奪い合い、
また世界で見ても侵略のための戦争が起きました。
日本は領土が狭く山の多い島国であることから、
豊かさを求めると不足するものが多々あります。
現代社会に欠かせない原油、天然ガスなどの、
エネルギー、あるいは輸出製品を作るための原料、部品、
また何より日々生きていくための食糧などなど、
豊かさを求めなくてもどうしても必要なものを、
海外からの提供を得ていると考えると、
これらを確保するために国家として諸外国とどう向き合うか、
良好な関係を作ることが求めれらますが、
それぞれの利得を考えると簡単にいくものでもありません。
安定的、あるいは平和な時代を長く過ごすと、
空気のようにあって当たり前となってしまい、
ましてやそんなことは自分には関係ないと思ってしまう。
そんなことにならないように、単に法案審議だからでなく、
毎年の今の時期に「平和」「戦争」についてを、
また日航機墜落のように「絶対の安全」はないと、
私たちの生活の安心、安全をいろいろな角度から、
しっかりと考える大切なタイミングとしたいと思います。



2015.08.11 / Top↑
Secret