今日午前中、中央福祉センターでタイトルの「障がい者団体との交流会」がありました。
9団体(?)の関係者18名と議員13名の意見交換会となったわけですが、
昨年末にあった「障害者と市民のつどい」は楽しませていただき、
今回は短い時間ながら皆さんの活動や熱い思いを聞かせていただくことができて、
いくつかの団体さんとは個別でお話しさせて頂いたことはあるものの、
議員になって、もう1年が過ぎるというのに今更ながら皆さんのご苦労を知ったところです。
私も自分の体験としてボランティア活動を広めているつもりでも、
なかなか多くの方に周知はされないものだと実感したこともありますが、
特にこうした活動は知ろうと思っても、こうしたシビアな場で直にお話しを聞かないと、
理解できないことも多く、今日は参加できてよかったと思います。

自分自身、障がい者の皆さんに何が出来るかといって、
つい重く考えてしまいがちだったのですが、誰でも始められることや、
発想の転換でとても有意義なことになることを知りました。
もちろん、立場上市全体のバランスで物事を考えないといけませんので、
軽々しい事は出来ませんが、今度は是非機会をとらえて、
それぞれの活動の場へお伺いしてご苦労を体感してみたいと思います。
2008.04.24 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nissinforever.blog90.fc2.com/tb.php/290-fd632666