皆さんもNHKのホッとイブニング見られたことと思いますが、どんな感想だったでしょう?
元気な学生さん達、福祉会館での子育ての様子、
子育て支援のNPO、子どもたちが大好きな温もりある手作りおもちゃの話。
まさに人口増加率の高い日進市の元気なところをうまく表わして放送して頂いた気がします。

放送は全国ネットではないですが、中部圏に本市を大きくアピール出来て、
「いいところだから引っ越すならここ」と思って頂けたかもしれません。
でも、そうなると受け入れの整備もさらに重要になります。
高齢化は間違いなく進み、多子化となれば教育設備や福祉にかかる費用は増大しますし、
住環境を整備するとなれば緑を残しながらの宅地開発の指導など。
もちろん、人口増加に伴い道路・下水などのインフラ整備も急がなければなりません。
本当にやることだらけです。
となれば、地方分権と言いながら国からの補助を取りつけないと、
いろんな整備にかかることができませんし、今後は財政状況をみながら、
これまで当たり前のようだった市民サービスも見直す必要が出てくるかも知れません。
もちろん、人口増加で市税は増えるとも考えられますが、
とにかく、あらためて、私も市民の皆さん、行政の皆さんと一緒になって、まちづくりを考えたい。
まさに、このまちを「どうする?」と考えさせられた公開放送でした。
2008.04.24 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nissinforever.blog90.fc2.com/tb.php/289-cb3a76f2