今日から三日間、名古屋港管理組合議会の行政視察、
荷物を少なく…とノート型パソコンを持たずに出たので、
写真のアップができず文字のみになりますが、
初日の今日は、朝、中部国際空港飛び立ち函館へ。
10570506_666134793481556_4680609471435876356_n.jpg
写真はセントレアで視察の打ち合わせ、
10443548_666134760148226_5233180925217620867_n.jpg
管理組合議長の挨拶。

行政視察は函館市役所での聞き取りから・・。
写真 21
函館港は言わずと知れた北海道の南端、
太平洋と日本海を結ぶ津軽海峡に面した良港で、
流通の円滑化を図る臨港道路が整備され、
韓国釜山港とのコンテナ定期路線が開設、
今後はウオーターフロント開発、
大型クルーズ船の増強などへの対応を目指し、
より魅力ある港湾、まちづくりと一体となった、
みなとづくりの展開をしているとのこと。

今回の視察は、特に客船誘致についてを調査。
今年度の客船寄港回数が38回、
乗客乗員数7万人見込みと伸びたのは、
どのように行政が指導的立場で働きかけたか、
また民間や市民の参加協力が得られるアイディアとして、
名物ともなっている「いか踊り」で客船を見送る、
はこだてクルーズサポートクラブ「見送り隊」について、
市役所担当者から聴き取り調査・・・。
写真 11
ごらんのように「いか踊り」を披露いただきました。
つい先日寄港したばかりということで、
実際の寄港状況は見られませんでしたが、
写真 31
現地視察として接岸する港へも調査。
写真 51
私自身はこれまで港湾に関して勉強不足でしたが、
横浜、長崎などと並ぶ魅力ある港と言われる、
写真 41
函館港の良さを名古屋港も学ぶべきと思います。



2014.07.30 / Top↑
Secret