今日30日は「0」の日で、4月最後のあいさつ運動でしたが、
10414546_634410826653953_4195625081116453618_n.jpg
今朝は、暑さのせいか子ども達は何だか元気なかったですね。
特にいつものことですが、上級生が挨拶しないと、
分団全体が静か・・・、低学年の子達はこちらを見ながら、
困ったような顔をして黙って通り過ぎていきます。
塾や習い事など何かと忙しいのでしょうが、
早寝の習慣にしてあげたいものです。
ちなみに、通学路になっている香久山中央線も、
Bo2B3NaIMAEXl_o.jpg
我が家の玄関先でもツツジの花が満開!
まもなく入梅ですが、この綺麗な花をしばし楽しみたいです。

さて、タイトルの「宅地建物取引士」ですが、
業界報によると、これまで不動産業を営む上で、
事業所に必ず置かなければならない、
「宅地建物取引主任者」の名称変更の法案が、
衆議院の委員会で通ったということで、
本会議に来週以降審議されるとのこと。

これまで通称「宅建主任者」と呼ばれていましたが、
法案が通れば、弁護士、税理士、司法書士、行政書士、
あるいは看護士、消防士などと同様に「士」となりますので、
手前味噌ですが、この地位の向上によって業界全体で、
意識の厳格化が図れ社会全体にとっても好影響だと、
とてもうれしく思いますし、また責任を感じます。

今日は、このほかに愛知県の南海トラフ等地震の被害予測が、
発表されたようですが、それぞれの地域で、
その内容をしっかり検討して対応を考えなければなりません。
今夜から「国富論」読み始めましたが、やることだらけで
なかなか腰を落ち着けて・・・とはいきませんね。





2014.05.30 / Top↑
Secret