愛知県議会は一般質問2日目、
以下の皆さんが質問に立ちました。

8番 中野治美議員(自民)
 1.防災対策について
 (1)港の入り口で津波を防ぐ対策について
 (2)避難ルールについて
 (3)緊急の避難場所について
 (4)応急仮設住宅の用地について

9番 野田留美議員(日本)
 1.持続可能な開発のための教育(ESD)
  に関するユネスコ世界会議について
 2.河川防災について

10番 安藤正明議員(自民)
 1.農業基盤整備の推進について
 2.災害時の障害者支援について

11番 中村友美議員(民主)
 1.セクシャルマイノリティについて
 2.アニマル・ポリスについて
 3.子どもの貧困について

12番 石塚吾歩路議員(自民)
 1.津波発生時の避難について
 2.健康づくり施策の推進について

13番 西川厚志議員(民主)
 1.重症心身障害児施設の整備についての考え方
 2.障害者福祉減税基金について

14番 峰野 修議員(自民)
 1.北設楽郡の雪害対策について
 2.森林政策について

15番 半田晃士議員(日本)
 1.愛知県の動物愛護施策の推進について

今日は愛知県の西部地区の、
いわゆる「海抜ゼロメートル地域」選出の議員が、
3名立ちましたが、地震の際に当然心配される、
津波対策について議論がされ、
また三河山間部の豪雪被害についても、
峯野議員の質問があり県内に関して、
広く自然災害対策が必要であることを理解できます。

さすが我が党、広範な地域問題提起がなされ、
県民の生命・財産守る使命感が感じ取れます。




2014.03.03 / Top↑
Secret