今日も愛知県議会議案説明会でした。
午前は産業労働委員会の所管事項について。
景気の持ち直しが見受けられる今、
愛知県としてもさらに産業活性化が進むように、
「産業空洞化対策減税基金積立金の充実」として、
企業立地、設備投資や研究開発・実証実験の支援。
また「次世代産業振興対策」として、
自動車安全技術推進、次世代自動車インフラ整備。
高度な技術を有する県内もの作り企業に対しては、
健康、福祉用具、次世代ロボットなどへの参入促進。
「中小企業金融対策貸付金」や、
「観光施設当補助金」の充実が予算化され、
さらには雇用の安定や労働者福祉の向上のために、
とくに若年就労者支援、女性の活躍促進プロジェクト、
の実施が組ま込れていますし、企業庁管轄では、
関係水道事業に関する施設整備、老朽化対策、
また新たな企業誘致のための用地造成事業が予定され、
愛知県の発展につながる施策となっています。

午後からの農林水産委員会所管の議案説明では、
すでに関係の議員連盟総会で確認していることでしたが、
地産地消推進、6次産業化支援、輸出拡大戦略などの
「県産農林水産物消費拡大対策費」を拡充、
「農畜産業振興対策事業費」では、施設整備費補助、
鳥獣被害対策補助、あるいは新規就農・経営継承支援、
農業大学校施設整備費などが盛り込まれています。
1_20140222154843015.jpg
(写真は議案説明に立つ農林水産部長)

おおざっぱに書きましたが、
自民党県議団が要望した事項について、
しっかりと取り組んで頂いている予算と見受けますが、
いずれにしても、予算書については、
これからさらに熟読して本会議での議案質疑しますし、
私は発言できませんが委員会の審議となります。

ちなみに昨日の議案説明の詳細を書いていませんので、
また週末のブログで紹介させて頂こうと思います。









2014.02.21 / Top↑
Secret