昨日夕方の農業論議か、
あるいは日進市議会報告会の興奮が冷めやらなかったか、
昨夜は眠りが浅く、寒さもあって今朝は早くに目が覚め、
こんな日は朝起き会に集えればいいのですが、
それにはちょっと遅くて、朝から本を読めて、
いずれにしても長~い一日となりました。

さて、今日は日進市内小学校学習発表会。
最初は相野山小へ伺いました。
1465213_533956723366031_693606953_n.jpg
ちょうど舞台は「大きなカブ」をやっており、
笑いあり、踊りありの楽しい劇を観させていただきました。
皆さんおなじみの話ですが、なかなか抜けないので、
校長先生まで呼ばれ「今忙しくて手伝えないよ〜」と声の出演。
帰り際に知り合いが「このあと、おやじの会で踊ります」
ということでしたし、学校が一体になっていて、とてもいいです。

相野山小学校に続いて、今回が第1回めの学習発表会となる、
竹の山小学校へ伺いました。
1454655_533989786696058_101661528_n.jpg

1454838_533989796696057_1231497204_n.jpg
相野山も一年生でしたが、こちらも一年生の音楽劇、
「はたけの下は大さわぎ」を観させていただきました。
真新しい体育館で、とても気持ち良さそうでしたが、
同席した学校評議員さんとも話ができ、
やはり出歩くことが大切ですね。

今日、最後の学習発表会は日進西小学校。
601597_534015443360159_837523948_n.jpg

1451397_534015460026824_1390139699_n.jpg
観させていただいたのは、4年生の児童による、
「環境問題〜私たちにできること〜」でした。
校外学習で調べたことや「折戸川にホタルを飛ばそう会」
の方に聞いたということなど、環境を守るために、
自分たちができることを発表してくれました。
見ている私たち大人も大いに感じなければいけません!!

ところでタイトルの「脱原発」・・ですが、
今日学習発表会へ向かう途中に挨拶させていただいた方と、
小泉元首相の言う「原発0」についての話におよびました。

私は「原発ゼロ」とまでいかないが「脱原発」の立場で、
「核」が最終的に処分できない現状では、
今後は原発を進めることには反対です。
ただし現在ある原発については、
米国のサクラメント電力公社の原発廃炉の視察をして、
廃炉するにしても多額の費用がかかり、
また「核燃料」の最終処分はできず維持費がかかる。
日本の稼働していない原発も維持管理に、
多額の費用をかけている現状を考えれば、
地震津波など想定外も含めて考えられるリスクに、
十分な対策がうたれて安心であると基準を満たせば、
稼働して発電したほうが良いと考えます。

つまり原発を止めて以来、
海外から石炭、原油、天然ガスなど化石燃料を、
より購入して電力を生み出しているのが現状であり、
燃料購入のために海外に多額の支払いをしていること、
一時大変話題となった「温室効果ガス」排出を続けるという、
時代に逆行することになっていることを忘れてはなりません。
発電しない「原発」施設に維持管理の金をかけるくらいなら、
発電して国内でのお金を回すほうがいい。
簡単にいうとこうしたことですが、
いずれにしても「税収」「自治体の借金」も含めて、
市民・県民がお考えの心配事をぶつけあう場を設けて、
大いに議論をして向かうべき方向性を出せるよう、
心がけて行動していきたいと考えていますので、
またその手法など、ご意見頂ければと思います。



2013.11.14 / Top↑
Secret